都内で少しずつ神前式の挙式を行うカップルが増えてきています。結婚式と聞くと、キリスト式の教会で挙げるものだというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、神社での挙式には普段は味わえない緊張感がありますし、日本ならではの和服を着られるといった魅力もあります。この儀式は神社で執り行われることになるため、日本の伝統の結婚式を挙げたいという人から人気が高く、神聖な空気を肌で感じながら結婚の意味を実感することができるでしょう。神前式の挙式なら両家の絆を深めることができますし、しっかりけじめをつけたいという人や両親に喜んでもらいたいといった人にも向いています。神社で挙式を行うメリットやその魅力はもちろん、人気の理由をチェックしておきましょう。

伝統的な日本の挙式を行うことができる

都内で神前式を行うメリットとしては、伝統的な日本の挙式ができることや和装が楽しめること、新郎にも活躍の場があるといったことが挙げられます。この儀式は伝統的な日本の挙式スタイルであり、教会で行われる結婚式とは異なり、緊張感のある厳かな雰囲気が魅力となっています。そのため両親や年配の親族などにも受け入れられやすいでしょう。神社での挙式なら花嫁の白無垢や打掛はもちろん、花婿の袴姿などを楽しむことができます。また、単純に和装を楽しめるだけでなく、神社という場では他の場所より和装が映えることもポイントです。神社の挙式では新郎にも活躍の場があります。新郎が神前で結婚の誓いを神様に述べることになるため、新郎に活躍して欲しいという人にも最適です。この儀式では新郎新婦だけではなく、両家の家族の結びつきを重視しており、家族の絆を感じられるというメリットもあります。

人気の理由を知っておくのがおすすめ

都内の神前式は日本の伝統的な挙式を行えることが最も大きな人気の理由です。また、神社での挙式は両親や親族、親しい友人など比較的少人数で執り行われることも特徴です。特に両親は新郎新婦の近くで見守ってくれるため、安心感が得られるということです。神社での挙式と聞くと、伝統的や厳かといったイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、最近ではカップルの要望に応じて儀式を省略したり、追加するといったこともできます。何か希望がある場合、事前に担当者に相談しておくと良いでしょう。神社で挙式を行った場合、その後もさまざまな行事を神社で行うことができます。子供が生まれた際のお宮参りや七五三、初詣などができるため、新郎新婦や家族の節目に大切な場所となるでしょう。日本の伝統や家族の絆を大切にしたいという人にも最適です。