トップ / 不動産の固定資産税の事

不動産売却の際の必要書類

不動産を売却する際に最低限必要な書類は次のような物になります。まずは権利書、これは正式名称を登記済権利証と呼びますが、法務局から取得者である登記名義人に対して交付される物であり、正統な所有者である事を証明する物になります。次が、売買時に登記申請を行う為に必要な印鑑登録証明書になります。これは契約時に使用する印鑑が使用者本人である事を証明する物ですが、有効期間は三ヶ月しかありませんので有効期間内に発行された物を用意する必要があります。そして最後に本人である事を証明する身分証明書が必要になります。これは免許証などになります。これら以外では状況によって更に必要となってきますが、不動産を売却する際に基本的に必要な物は前述した物になります。

マイホームにかかる税金

マイホームを手に入れて、後はローンを返済すればそれでOKと思っている方も多いと思いますが、マイホーム等の不動産には税金が掛ってきます。主なものとして固定資産税が挙げられます。固定資産税は土地・家屋・償却資産の所有者に課せられます。マイホームを手に入れた時には固定資産税を納める必要があります。この税額は土地・家屋の評価額に税率を掛けて計算されます。但し、土地の急騰による極端な負担増を避けるための是正措置があります。マイホームの購入を検討している方は、ローンの返済に加えて不動産の固定資産税の事も頭に入れておきましょう。

不動産に関する保険の情報