結婚式には様々なスタイルがありますが、最近は伝統的な和風の神前式で挙式を行うカップルが増えています。厳かな雰囲気の中で行われる挙式は改まった気持ちになるので、人生の節目を祝う日には最適と考える人も多くいます。新郎は羽織袴を身につけ、新婦は白無垢や引き振袖などを纏って行います。三々九度や祝詞奏上といった儀式を行うことが多いようです。都内には歴史のある神社も多いですし、ホテルや専門の結婚式場の中に神殿が設置されているところも多くあります。都内で主流になっているのは教会式で、教会やホテル・結婚式場などに設置されているチャペルで行われます。それからゲストの前で結婚の誓いを行う人前式などもあります。それぞれの挙式にはどういった違いがあるのでしょうか。

神前式は神道の儀式に則って行う

神前式は基本的には神社で行うので、神道の儀式に則って挙式が進んで行きます。必ずしも神道を信仰していなければいけないというわけではありません。日本人は神社に行くこともあればお寺に行くこともあるなど宗教に対して寛容です。教会式は、キリスト教に則った挙式スタイルになります。本物の教会で式を挙げる場合には、教会に通う必要があったり講座を受けなければいけないこともあるようです。チャペルの場合には、そういったことは必要ありません。人前式はゲストに対して結婚の誓いを行うものなので、宗教色が全くないのが特徴になります。そのため特定の宗教を信仰している身内がいる場合等に利用されることも多いようです。チャペルで行うこともありますし、披露宴会場で行ったりガーデンウェディングにしたりするなど自由に行うことができます。

挙式スタイルによって花嫁衣裳が違う

神前式の特徴は、何といっても和服を着て行うことです。花嫁衣裳には白無垢や色打掛、引き振袖などがあります。最近ではオーガンジーなど洋風の素材を使った着物などもあり、ヘアスタイルを洋風にアレンジすることもあります。教会式の場合には、ウェディングドレスを着用します。都内にはドレスショップが沢山あるので、理想のドレスを選びやすいのが魅力です。オーソドックスなAラインのウェディングドレスもありますし、大人っぽい雰囲気が感じられるマーメイドラインのドレスもあります。人前式は基本的に自由なので、衣装についても自分達が気に入ったものを身に付けることができます。ドレスでもいいですし、着物を着て和のテイストで行っても大丈夫です。新郎はタキシードで新婦は黒引き振袖など大正レトロな雰囲気にすることもできます。